【72の法則/115の法則】何年で元本が2倍3倍になるかすぐわかる計算式

きのこです。

資産運用をするとき、元本が何年で2倍になるかがすぐわかればとても便利ですよね。

以下の簡単な計算式を覚えておけば、役に立つこと間違いなしです!

きのこ

まずは「72」という数字を覚えておこう!

72の法則

何年で元本が2倍になるか

元本が2倍になるのにどのくらいの年数がかかるかを計算するには、72の法則を使います。

72の法則

72÷金利=2倍になるのにかかる年数

たとえば100万円を年利7%で運用した場合を計算してみると、

72÷7=10.2

つまり、約10年で元本が2倍になるとわかります。

100万円を年利3%で運用すると、

72÷3=24

なので、元本が2倍になるのに24年かかるというわけですね。

この72の法則は、複利で元本を増やしていった場合の計算になります。

必要な利回りを計算するには

72の法則の計算式を変形させると、2倍にするために必要な利回りを求めることもできます。

利回りの計算式

72÷2倍になるのにかかる年数=金利

たとえば10年で元本を2倍にするには、

72÷10=7.2

となり、運用利回り7.2%が必要になるというわけです。

単利の場合は100の法則

72の法則が複利の計算式だったのに対して、100の法則は単利の計算式です。

100の法則

100÷金利=単利で2倍になるのにかかる年数

単利計算の場合、金利7%なら、

100÷7=14.2

となり、元本が2倍になるのに約14年かかる計算になります。

複利だと10年で倍になったのに、単利だと14年もかかっちゃうんですね。いかに複利の力がすごいかがわかります!

115の法則

3倍になるのに何年かかるかを計算したい場合は、115の法則を使いましょう。

115の法則

115÷金利=3倍になるのにかかる年数

運用利回り7%なら、

115÷7=16.4

約16年で3倍に増えるということがわかります。

きのこ

これなら簡単に計算できそう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA